命名するときは三つのことを意識してつけよう!

名前の由来を大事に!

親からこどもへの初めての贈り物である名前、つける側はあれやこれやといろいろ悩みますよね。こどもが小学校にもあがれば授業で自分の名前の由来を聞いてくる宿題や、友達から聞かれることもあるでしょう。どんな音、どんな読みであっても由来がしかっりしていることがとても重要です。それがこどもにとって自分の名前への安心感につながります。どうしてその名前にしたのか、どんな願いをこめられているのかきちんと伝えられる名前をつけましょう。

姓名判断はほどほどに

こどもの人生がゆたかであるようにと思い姓名判断を見るかたは多いと思います。ですが、できるだけ良い画数を選ぶあまり本当は使いたかった名前、漢字をあきらめるというのは少しいきすぎているかもしれません。実は姓名判断には流派がありどの流派の姓名判断をみるかによってその結果は変わってきます。この流派では良いけど他のではあまりよくないということもあるかもしれません。こどもの人生は名前の画数だけで決まるものではないので神経質になりすぎないように気をつけましょう。

呼ばれる名前をつけよう

名前というのはその人を周りの人が認識するためのもので正しく呼ばれることが最大の目的でもあります。呼ばれれば呼ばれるほどこども本人の自己肯定意識につながっていきます。名前が思い出せなくていつでも誰からでも苗字でしか呼ばれないというのはちょっとさみしいですよね。そして読める名前であることも大切なことです。いつも名前を間違えられる、なんて読むのか聞かれるということで自分の名前がイヤだと感じることがないようにしてあげましょう。

赤ちゃんに名前をつけることを命名といいます。両親は赤ちゃんの幸せを願い一生懸命悩みに悩んで名前を考えます。